KMI一級建築士事務所
埼玉県幸手市を拠点に活動する設計事務所です。住宅や共同住宅の設計、監理を専門に行っています。ブログでは、仕事内容、家造りのための情報、建築業界のニュース、などなど随時更新していきます!家のことで何か相談があれば気軽にご連絡ください。m(_ _)m
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相見積もりは方法を間違えるとムダ!?
こんにちは

年末も近づいてきましたが一向に仕事が片付きません。
気持ちよく仕事を終えたいものですね。

さて今回は、相見積もりの方法をお伝えします。

家は、とても高額商品です。
一社だけで決めず、相見積りを取りたくなります。
取って当然ですし、取るべきだと思います。

しかし、あなたは相見積もりを
取ろうとするときどんな行動をとりますか?

あなたは、何社か気になっている会社へ行き
参考プランと見積もりの作成を依頼することでしょう。

その見積もりの内容(仕様)は各社のスタイルにお任せです。
そして、あっちとこっちの会社ではこっちの方が安いと検討します。

これ、実はすべて゛ムダ゛なんですよ!
 
なぜだかわかりますか? 

同じ条件でない場合、
A社では最高ランクの仕様、B社では最低ランクの仕様
で見積もっていることも考えられます。

そうするとあなたは単純に
『なんだよ!A社は高いからB社にしよう』という事になります。

ちょっと待ってください!はたして本当にA社は高いのですか?

A社もB社にあわせて最低ランクのものをいれれば
もしかしたらB会社よりも安くなるかもしれません。

ですから比較検討したいのであれば
『見積もりを依頼する複数の会社に対して同じ条件を提示する』
ということが大切なのです。

追伸:
間取り、構造、工法、仕上げ、内部設備の仕様などを
すべて決めてからでないと比較検討できる見積もりは取れません。
そこで、図面や仕様書を設計事務所などに作成してもらう必要があります。
ですが、あなたはそこまでやる必要はないと思いますよね。
ですので、『見積もりは比較できないものだ』ということを頭に入れて
どこの住宅会社にするか検討を行うようにしてくださいね。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://sekkeibu.blog45.fc2.com/tb.php/78-034a3b22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

見学人数



ユニクロック



プロフィール

kojirou

Author:kojirou
☆佐々木一樹
☆1979年3月27日生まれ
☆埼玉県幸手市出身・幸手市在住
☆家族:奥さん/11歳の姫/8歳の王子
☆H17年2級建築士を独学で取得
☆H21年度奇跡の1級建築士合格
★コメント:
大学、建築専門学校をへて住宅業界に飛び込み、現在までに100棟以上の住宅設計を専門に行ってきました。その経験と実践を生かし、住環境に関する提案、良質な住宅建築に関するアドバイス、欠陥住宅に対する助言等を行っています。もし、お困りのことなどございましたら遠慮なくご連絡下さい。質問には喜んでお答えいたします。



最新ニュース



過去ニュース

全ての記事を表示する



◆ささきの関連ページ◆

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



ぷよ



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。