KMI一級建築士事務所
埼玉県幸手市を拠点に活動する設計事務所です。住宅や共同住宅の設計、監理を専門に行っています。ブログでは、仕事内容、家造りのための情報、建築業界のニュース、などなど随時更新していきます!家のことで何か相談があれば気軽にご連絡ください。m(_ _)m
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたはどの工法にしますか?
こんにちは

今回は、ざっくりと工法の種類についてお話します。ざっくりとです。

簡単なお話ですのでご存知の方も多いと思います。
そういった方はまた次回の話をお楽しみに。

さて、一戸建て住宅で採用される代表的な工法は、
木造が圧倒的に多いのですが、その他に鉄骨造とRC造もあります。
それぞれ、長所短所がありますので知りたいのであればお話しようかと・・・

・・・そうですか。是非知りたい!それではお話します。

1.木造
木造は鉄骨造やコンクリート造と比べるととても軽く、
それにより地盤への負担が少なくなります。
加工性も大変良いので、柔軟にいろいろな間取りに対応することができます。
そしてなによりも一番安いのがポイントです。
しかし、湿気に弱いという特徴があり、防腐・防蟻・防湿処理などを
しっかりとおこなわないと大変なことになる可能性もあります。


2.鉄骨造
鉄骨造は、重量鉄骨造と軽量鉄骨造があります。
重量鉄骨造は、柱型が部屋内に出てくるというデメリットはあるものの
間取りの自由度がとても高く、大開口をとることも可能です。
軽量鉄骨造は、部屋内に柱型がでてこなくすっきりとした空間を造れますが、
耐力壁などの確保が必要なので、間取りに制約が出てきます。

3.鉄筋コンクリート造
鉄筋コンクリート造(RC)は木造に比べて耐久・耐震・耐火・防音などの
性能に優れていてかなりのハイスペックな工法です。
ある程度自由な設計も可能で、デザイン性の高いものも多く見られます。
しかし、建物重量が大きいために、大きな耐力の支持地盤が必要となり、
更に、金額が高くなる可能性もあります。


さてあなたが家を建てるときは、どの工法を選ぶのがいいのでしょう?

申し訳ございません。残念ですが今すぐお話しすることはできないのです。
いろいろな状況を判断した上で選ぶことが必要ですので。

ただし、木造を採用される可能性は高いといえます。
それは、まず予算があっての家造りですので、
比較的安く造れる木造を採用される方が多いというのが現状です。

追伸:
どの工法を選んだらいいか、
どの住宅会社の構造方法がいいのかなど
お悩みの方は、こちらへご連絡ください。
              ↓
         k-sasaki@wk-s.co.jp

また、子育てすくすく住工房でもあなたへ伝えたい情報を
掲載していますのでこちらからどうぞ
              ↓
     http://www.wk-s.co.jp/index.html


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://sekkeibu.blog45.fc2.com/tb.php/70-b7e9b359
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

見学人数



ユニクロック



プロフィール

kojirou

Author:kojirou
☆佐々木一樹
☆1979年3月27日生まれ
☆埼玉県幸手市出身・幸手市在住
☆家族:奥さん/11歳の姫/8歳の王子
☆H17年2級建築士を独学で取得
☆H21年度奇跡の1級建築士合格
★コメント:
大学、建築専門学校をへて住宅業界に飛び込み、現在までに100棟以上の住宅設計を専門に行ってきました。その経験と実践を生かし、住環境に関する提案、良質な住宅建築に関するアドバイス、欠陥住宅に対する助言等を行っています。もし、お困りのことなどございましたら遠慮なくご連絡下さい。質問には喜んでお答えいたします。



最新ニュース



過去ニュース

全ての記事を表示する



◆ささきの関連ページ◆

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



ぷよ



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。