KMI一級建築士事務所
埼玉県幸手市を拠点に活動する設計事務所です。住宅や共同住宅の設計、監理を専門に行っています。ブログでは、仕事内容、家造りのための情報、建築業界のニュース、などなど随時更新していきます!家のことで何か相談があれば気軽にご連絡ください。m(_ _)m
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住宅業界と婚礼業界の共通点とは?
こんにちは

今回は、私が結婚式をしたときに経験した住宅業界との共通点をお話します。

家を建てるときと同じで
私も結婚式を考えたときまず見積もりをもらいました。

最初の見積もりは、予算オーバー
そんなに高い式をするつもりはないことを担当の方に伝えました。

すると金額が予算内におさまっている見積もりがでてきました。
しかしこの後、私の反感をかう事件が起こりました。

ドレスはレンタルだったので式場のドレス屋で試着をし
半日がかりで子供をあやしながら選びました。

そして、選び終わった後なぜかドレス専用の見積もりが・・・

「え~っ!事前にもらっている見積もり金額より10万円以上も高いぞ~!」

「前にもらった見積もり金額と違うのですが」というと
店員さんがさらりと「その金額のドレスはありませんよ」というのです。

奥さんと2人で開いた口がふさがりませんでした。

見積もりの「総額を安く見せる」 ためにとりあえず調整していただけで
実際にはそんな金額のドレスはなかったのです。

最低限みんなが頼むもの、必要なものが省かれている。
なんか聞いたことがある話ではありませんか。

結局「これはオプションです」「これは追加です」といわれ
最終的には当初の見積もり金額と同じになることがわかりました。

ドレスも半日がかりで選んだのに「キャンセル」です。

キャンセル料をとられなかったのでもしかしたら故意ではなかったのかもしれませんが
今まで他の方が言わなかっただけで普通にこういったことをしていたのでしょう。

住宅業界も、平気でこういったことが行われていますのでお気をつけください。

追伸:
私は、身をもって体験したので
家を検討されている方に絶対あんな思いをしてほしくありません。
ですので、子育てすくすく住工房では契約までになるべく全てのものを見積もりに盛り込み
後から追加、オプションなどということがないよう心がけています。
金額は見た目高くなってしまうので、うわべだけしか見ない方には
高いねといわれ終わってしまうので悲しいのですがいたしかたありません。
             ↓ (あなたに知ってほしい重要なお話はこちらにも)
       http://www.wk-s.co.jp/




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://sekkeibu.blog45.fc2.com/tb.php/69-b6b87a3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

見学人数



ユニクロック



プロフィール

kojirou

Author:kojirou
☆佐々木一樹
☆1979年3月27日生まれ
☆埼玉県幸手市出身・幸手市在住
☆家族:奥さん/11歳の姫/8歳の王子
☆H17年2級建築士を独学で取得
☆H21年度奇跡の1級建築士合格
★コメント:
大学、建築専門学校をへて住宅業界に飛び込み、現在までに100棟以上の住宅設計を専門に行ってきました。その経験と実践を生かし、住環境に関する提案、良質な住宅建築に関するアドバイス、欠陥住宅に対する助言等を行っています。もし、お困りのことなどございましたら遠慮なくご連絡下さい。質問には喜んでお答えいたします。



最新ニュース



過去ニュース

全ての記事を表示する



◆ささきの関連ページ◆

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



ぷよ



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。