KMI一級建築士事務所
埼玉県幸手市を拠点に活動する設計事務所です。住宅や共同住宅の設計、監理を専門に行っています。ブログでは、仕事内容、家造りのための情報、建築業界のニュース、などなど随時更新していきます!家のことで何か相談があれば気軽にご連絡ください。m(_ _)m
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

隣人の恐ろしいお話

こんにちは

昨晩は、試験が近づいているというのに
机の前で寝てしまいました。気合が足りませんね。

さて今回は、隣人の恐ろしいお話です。

ある建て主さんのお話。
計画地である土地は、境界線がわからなかったので
お隣の方と境界線の位置を話し合いお互い「合意」しました。
文書にしなかったものの、「境界杭」も設置し準備は万全。

「よし!工事に取りかかろう!」

と現場で全員気持ちを引き締めたその時、一大事です。

隣人が
「ウチの敷地はもう少し広い!勝手に杭を入れやがって」
といってきたのです。

・・・・・。全員開いた口が閉まりません。

「そんなことをいわれないように
事前に話し合いをしたはずだったのに・・・。」

最悪の事態です。
この場合どんな障害が起きるのでしょう?

実は、境界確定の民事裁判はとても多くの時間がかかります。
裁判になって工事が数年延期されること自体だけは、避けねばなりません。

家を建てられないまま境界が裁判で確定するまで数年待てますか?
工事を強行すれば、裁判所に「工事差し止め」申請をされどのみちストップ。

そして出した結論は、「泣く泣く家を小さくして建てる」というものでした。


自分は、隣りと仲良くしようと思っても、相手がこのような変人であったり
ゴミ屋敷だったり、騒音おばさんだったりすれば、それは不可能です。

仲良かった隣人が引っ越して、運悪く新しい隣人がそのような人である場合もあります。
これは防ぎようがありません。まさに悲劇ですが、自分が引っ越すしかありません。

あなたも、このようなトラブルに巻きこまれる危険があります。
後から変人が隣に来るのはどうすることもできませんが、
自分から変人の隣に行ってしまうようなことだけはしないように注意してください。

追伸:
「変な人の見分け方」ですか!?簡単です。
ご近所さんとうまくいっていないから変人と呼ばれるのです。
ご近所さんに聞いてみてください。すぐに教えてくれますよ。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://sekkeibu.blog45.fc2.com/tb.php/64-7e399b3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

見学人数



ユニクロック



プロフィール

kojirou

Author:kojirou
☆佐々木一樹
☆1979年3月27日生まれ
☆埼玉県幸手市出身・幸手市在住
☆家族:奥さん/11歳の姫/8歳の王子
☆H17年2級建築士を独学で取得
☆H21年度奇跡の1級建築士合格
★コメント:
大学、建築専門学校をへて住宅業界に飛び込み、現在までに100棟以上の住宅設計を専門に行ってきました。その経験と実践を生かし、住環境に関する提案、良質な住宅建築に関するアドバイス、欠陥住宅に対する助言等を行っています。もし、お困りのことなどございましたら遠慮なくご連絡下さい。質問には喜んでお答えいたします。



最新ニュース



過去ニュース

全ての記事を表示する



◆ささきの関連ページ◆

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



ぷよ



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。