KMI一級建築士事務所
埼玉県幸手市を拠点に活動する設計事務所です。住宅や共同住宅の設計、監理を専門に行っています。ブログでは、仕事内容、家造りのための情報、建築業界のニュース、などなど随時更新していきます!家のことで何か相談があれば気軽にご連絡ください。m(_ _)m
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これからの家づくり
こんにちは

外耳炎になった佐々木です。

ちょ~~~痛いです(汗)

耳の中が腫れすぎて穴がほとんどあいていない

とお医者さんに言われました。

ということで耳の炎症には気をつけよう!!!


本日のテーマ 「 これからの家づくり  」 

■エネルギー管理の徹底

電力消費の見える化やスマートメーターを

2016年度末を目途に

総需要の8割をカバーすることが目標とされているそうです。

また、蓄電池やエネルギー管理システムを活用した住宅に対して、

これを評価できるような法案の成立と早期施行するとのこと。

つまり、補助金や減税などで

私たちの負担を軽くするということも考えられているそうです。



■住宅・建築物の省エネ化

まだ案の段階ではありますが

経済産業省は、2020年までにすべての新築住宅について、

段階的に省エネ基準への適合を義務化する方向で進んでいます。

また、住宅の断熱化と併せて、

最近よく耳にするスマートハウスやスマートビルド等の普及を推進します。

省エネ機器、太陽光発電、蓄電池との連携や普及を加速化が予想されます。




さて、何だかよくわからない言葉がたくさんできてきました。

国では今まで以上により良い家を造って

家の 長寿命化 や 環境負荷 に対応したものを

という方向に動いています。

そして、それは家のコストにはね返ってきたり
その対策としての補助金や減税を考えたり
なんだかいろいろと複雑なシステムになってきています。

何が言いたいのかというと

「家づくりの変化に追いつけない業者」

がでてきているということです。


家に求められるものは、どんどん増えています

そして、あまりに要求されるものが増え続けるので
家づくりの進化に追いつけない業者もいます。

業者選びの際は、

その時代に求められる家づくりをしっかり学んでいる業者

も選びたいものですね。


追伸

家のことでご相談はこちらまでどうぞ

    ↓
k-sasaki@wk-s.co.jp



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://sekkeibu.blog45.fc2.com/tb.php/530-1ab1cc07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

見学人数



ユニクロック



プロフィール

kojirou

Author:kojirou
☆佐々木一樹
☆1979年3月27日生まれ
☆埼玉県幸手市出身・幸手市在住
☆家族:奥さん/11歳の姫/8歳の王子
☆H17年2級建築士を独学で取得
☆H21年度奇跡の1級建築士合格
★コメント:
大学、建築専門学校をへて住宅業界に飛び込み、現在までに100棟以上の住宅設計を専門に行ってきました。その経験と実践を生かし、住環境に関する提案、良質な住宅建築に関するアドバイス、欠陥住宅に対する助言等を行っています。もし、お困りのことなどございましたら遠慮なくご連絡下さい。質問には喜んでお答えいたします。



最新ニュース



過去ニュース

全ての記事を表示する



◆ささきの関連ページ◆

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



ぷよ



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。