KMI一級建築士事務所
埼玉県幸手市を拠点に活動する設計事務所です。住宅や共同住宅の設計、監理を専門に行っています。ブログでは、仕事内容、家造りのための情報、建築業界のニュース、などなど随時更新していきます!家のことで何か相談があれば気軽にご連絡ください。m(_ _)m
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

事件です!

こんにちは

今回は、お休み中に相談を受けたお話をします。

リフォームでのトラブルなのですが、
設計士に依頼して書いてもらった図面が法律に適合していなく
工事が終わった後にそれが発覚し予定していたローンが組めなくなったということです。

建物が法律にあっていないということで
適合するようにリフォームしローンを組むという話だったそうです。

建築士は、法律に適合させようとすると大規模な工事になり
かなりの工事費がかかるということで気を利かせたらしく、
銀行も図面を出してOKしたので何も問題ないと思っていたそうです。

さてそこで誰が悪いのかという話です。

銀行>図面を審査しOKを出した。
設計士>法に適合させる旨を聞いて依頼を受けたのに適合していない図面を作成した。

銀行は、建築のプロではないにしろこのようなことがないように
図面を提出させて審査しているのではないのか、ということに疑問が残りますが
この元凶を作ったのは他でもない建築士であるということは確実だと思います。

建て主さんが一番怒っていることは、
建築士が自分の責任ではないと思っていて一言も誤ってくれないことだそうです。
建築士は、銀行がOKしたのだから自分には責任がないと思っているようです。

建築士がなんとかなるように動いてくれることになったのですが、
もう何ヶ月も経っているのでいまさら動いてもかなり厳しいのではないかと考えています。

追伸:
建て主さんは、何とかならなかった場合それなりの事をしてもらいたいと考えています。
この一件で、改めて責任の思い厳しい仕事をしているんだなと感じました。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://sekkeibu.blog45.fc2.com/tb.php/50-60accf07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

見学人数



ユニクロック



プロフィール

kojirou

Author:kojirou
☆佐々木一樹
☆1979年3月27日生まれ
☆埼玉県幸手市出身・幸手市在住
☆家族:奥さん/11歳の姫/8歳の王子
☆H17年2級建築士を独学で取得
☆H21年度奇跡の1級建築士合格
★コメント:
大学、建築専門学校をへて住宅業界に飛び込み、現在までに100棟以上の住宅設計を専門に行ってきました。その経験と実践を生かし、住環境に関する提案、良質な住宅建築に関するアドバイス、欠陥住宅に対する助言等を行っています。もし、お困りのことなどございましたら遠慮なくご連絡下さい。質問には喜んでお答えいたします。



最新ニュース



過去ニュース

全ての記事を表示する



◆ささきの関連ページ◆

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



ぷよ



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。