KMI一級建築士事務所
埼玉県幸手市を拠点に活動する設計事務所です。住宅や共同住宅の設計、監理を専門に行っています。ブログでは、仕事内容、家造りのための情報、建築業界のニュース、などなど随時更新していきます!家のことで何か相談があれば気軽にご連絡ください。m(_ _)m
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャッターの必要性を考えよう!
こんにちは、佐々木です。

先日、お姉ちゃんに子供用携帯を
買ってしまった佐々木です。

4月から小学校4年生ですがまだ早いですよね(;^_^A


今回は 『シャッターの必要性を考えよう』 です。

あなたは新築する家にシャッターをつけますか?

台風や強風に悩まされる地域では
全ての窓にシャッターがつくのは当たり前で

九州出身の方などは

「シャッターがない家に住むのは不安」

と思うようです。

また、都内などの住宅密集地では空き巣の被害も多く
そのような地域にお住まいの方にとっては
シャッターはかかせないものかもしれません。


では、シャッターをつける主な目的ってなんでしょう?

「遮熱」「遮光」「防犯」「防音」「防火」「防雨」「防風」

といったものがあげられます。

さまざまなものに対応しているんですね。


ちなみに、ちょっと心配なこともあります。

それは

シャッターの必要性に後から気づき後付けする場合

完成後に付ける場合
壁に穴を開けて設置するのでその穴の塞ぎ方がいい加減だと
そこから雨が侵入する恐れがあります。



あなたと業者のシャッターに対する考えが異なる場合

私の知人は、当初シャッターを全ての窓に取り付ける予定でした。

しかし、業者の助言を参考に
予定の半分ほどしかシャッターを設置しなかったそうです。

その結果、毎年夏の朝日に悩まされたり

強風で隣家からモノが飛んでくるたびに心配したり

ということになってしまったようです。


ということで、あなたが新築する時はこういうことがないよう
たかがシャッターかもしれませんがしっかり検討してくださいね。


追伸

本文の件でご質問等があればこちらまでどうぞ

    ↓
k-sasaki@wk-s.co.jp




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://sekkeibu.blog45.fc2.com/tb.php/488-2b114026
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

見学人数



ユニクロック



プロフィール

kojirou

Author:kojirou
☆佐々木一樹
☆1979年3月27日生まれ
☆埼玉県幸手市出身・幸手市在住
☆家族:奥さん/11歳の姫/8歳の王子
☆H17年2級建築士を独学で取得
☆H21年度奇跡の1級建築士合格
★コメント:
大学、建築専門学校をへて住宅業界に飛び込み、現在までに100棟以上の住宅設計を専門に行ってきました。その経験と実践を生かし、住環境に関する提案、良質な住宅建築に関するアドバイス、欠陥住宅に対する助言等を行っています。もし、お困りのことなどございましたら遠慮なくご連絡下さい。質問には喜んでお答えいたします。



最新ニュース



過去ニュース

全ての記事を表示する



◆ささきの関連ページ◆

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



ぷよ



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。