KMI一級建築士事務所
埼玉県幸手市を拠点に活動する設計事務所です。住宅や共同住宅の設計、監理を専門に行っています。ブログでは、仕事内容、家造りのための情報、建築業界のニュース、などなど随時更新していきます!家のことで何か相談があれば気軽にご連絡ください。m(_ _)m
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住宅ローンの相談をする時の心構え
こんにちは

子供が親戚から頂いたお年玉を見て
うらやましい~~~!と思った佐々木です(汗)

私の財布へは入れずにちゃんと入金しましたよ!
えらいでしょ(*^_^*)


さて、本年第一回目のお話はお金の話から

『住宅ローンの相談をする時の心構え』です。


住宅金融支援機構の調査によると
住宅ローンの内容を十分に理解して選んだ人はわずか

20% 程度 ・ ・ ・ 。

また、変動金利を選んだ人のうち

「金利が上昇した時の対応策がわからない、検討もつかない」

と回答した人は 約15%

という結果があります。


では、こうならないようにするにはどうしたらいいのでしょう?

まず 住宅会社の営業マン

彼らは住宅ローンの専門家ではありません。

ただ、会社によって特別優遇金利があったり
手続きを代行してくれるのでメリットはあります。


そして 金融機関のローン担当者

この人たちは住宅ローンのプロです。

ただ、自社で扱う住宅ローンを組んでほしいので
基本的に商品説明は自社のものばかりになってしまいます。


では 中立的な相談相手 はいないのか?

それは、フィナンシャルプランナーなど
ライフプランをアドバイスしてくれるお金のプロです。

しかし、住宅ローンに精通している人が少ないのが難点です。


という話をすると

いったい誰に話を聞けばいいの!?

ということになるのですが
ポイントはそこの部分ではないと思います。

あなたが家づくりを進めていく流れの中で
必ず住宅ローンについて誰かに相談をする時がきます。

その時に

相手の立場を理解した上で話を聞くようにする

ということがポイントになってくると思います。

そして、その話を総合的に判断して住宅ローンを選ぶ
ということが重要になってきます。

本当は、住宅ローンに精通し、かつ
あなたの立場にたってアドバイスをしてくれる人
がいればベストなんですがね。


追伸

私も住宅ローンの全てに精通しているとは言いませんが
何か聞きたいことがあれば遠慮せずご連絡ください。

    ↓
k-sasaki@wk-s.co.jp


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://sekkeibu.blog45.fc2.com/tb.php/479-597986a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

見学人数



ユニクロック



プロフィール

kojirou

Author:kojirou
☆佐々木一樹
☆1979年3月27日生まれ
☆埼玉県幸手市出身・幸手市在住
☆家族:奥さん/11歳の姫/8歳の王子
☆H17年2級建築士を独学で取得
☆H21年度奇跡の1級建築士合格
★コメント:
大学、建築専門学校をへて住宅業界に飛び込み、現在までに100棟以上の住宅設計を専門に行ってきました。その経験と実践を生かし、住環境に関する提案、良質な住宅建築に関するアドバイス、欠陥住宅に対する助言等を行っています。もし、お困りのことなどございましたら遠慮なくご連絡下さい。質問には喜んでお答えいたします。



最新ニュース



過去ニュース

全ての記事を表示する



◆ささきの関連ページ◆

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



ぷよ



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。