KMI一級建築士事務所
埼玉県幸手市を拠点に活動する設計事務所です。住宅や共同住宅の設計、監理を専門に行っています。ブログでは、仕事内容、家造りのための情報、建築業界のニュース、などなど随時更新していきます!家のことで何か相談があれば気軽にご連絡ください。m(_ _)m
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~二世帯同居のトラブル~
こんにちは

息子の「今年はサンタさんに会いたいな」

発言にどきっ!っとした佐々木です。


今回は 『二世帯同居のトラブル』 です。

最近、二世帯同居に関するトラブルを耳にする機会が増えました。

家づくりの参考になるかもしれないので例をご紹介しますね。

Aさんは40代女性。

ご両親から提案されて二世帯住宅を建てました。

建築費は折半したんですが
固定資産税などの税金はずっとAさん世帯が負担しています。

最近、家のメンテナンスで出費が続き
お子さんの学費の負担が増える時期と重なったため
家計がとても厳しいそうです。

でも、ご両親が年金暮らしということもあって
すべてAさん世帯が負担しているとのこと。



Bさんは60代女性。

Bさんは共働きだったため、子育てでご両親にお世話になりました。

些細な喧嘩はあったものの
お互いにとてもいい関係を築いていたといいます。

そんな中、数年前にお義父さんが亡くなり
昨年お義母さんが亡くなりました。

その後に湧き上がったのが相続問題です。

生前、ご両親が相続の話をすることもなく
遺書もなかったためご主人の兄弟ともめています。



私が気になるのはどちらも

「お金の問題」

で悩んでいるということです。


日本の場合、お金の話をタブー視することって多いですよね。

話したくても

「周囲が話さないから自分からは話しにくい」

というケースも多いと思います。


でも、もしあなたが二世帯同居を考えているのなら
お金の話をしっかりとしておく必要があります。

後でもめることのないように

税金・水道光熱費・リフォーム・相続

などなど、トラブルのもとになりそうなことは
建てる前にしっかり話し合いをしましょう。

ちなみに、内容は 書面 に残しておくと安心ですよ。

お金の話を後回しにして後でもめる
日本人の悪いところかもしれませんね。

追伸

家づくりのご相談はこちらまでお寄せください。

     ↓
k-sasaki@wk-s.co.jp


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://sekkeibu.blog45.fc2.com/tb.php/473-e24cc499
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

見学人数



ユニクロック



プロフィール

kojirou

Author:kojirou
☆佐々木一樹
☆1979年3月27日生まれ
☆埼玉県幸手市出身・幸手市在住
☆家族:奥さん/11歳の姫/8歳の王子
☆H17年2級建築士を独学で取得
☆H21年度奇跡の1級建築士合格
★コメント:
大学、建築専門学校をへて住宅業界に飛び込み、現在までに100棟以上の住宅設計を専門に行ってきました。その経験と実践を生かし、住環境に関する提案、良質な住宅建築に関するアドバイス、欠陥住宅に対する助言等を行っています。もし、お困りのことなどございましたら遠慮なくご連絡下さい。質問には喜んでお答えいたします。



最新ニュース



過去ニュース

全ての記事を表示する



◆ささきの関連ページ◆

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



ぷよ



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。