KMI一級建築士事務所
埼玉県幸手市を拠点に活動する設計事務所です。住宅や共同住宅の設計、監理を専門に行っています。ブログでは、仕事内容、家造りのための情報、建築業界のニュース、などなど随時更新していきます!家のことで何か相談があれば気軽にご連絡ください。m(_ _)m
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうにもできない最悪業者とは?
こんにちは

今回は、どうにもできない業者がいるというお話です。

欠陥住宅には、大きく分けて2つのパターンがあります。

一つ目は、技術的にはしっかりとした業者ではあるが、
色々な要因がかさなり欠陥住宅を作ってしまうパターン。

「本来こういった工事をしなければならない」ということがわかっているのに、
「お金がない」「時間がない」「面倒臭い」といった理由で手抜き工事をします。

二つ目は、
「本来こういった工事をしなければならない」ということを知らないパターン

最近では、多種多様な工法や材料がありふれています。
こういったものを良く理解していないにもかかわらず
安易に建物を設計したり、工事をしたりする業者がいます。

実は、この二つ目のパターンの方が深刻なケースといえます。
問題が発覚したとき、前者の業者であれば対応することができますが、
後者の場合は、知らないのですから対応しようにもそれすら出来ないことになります。

「手抜き」や「うっかり」施工をしてしまった場合、いざとなれば治すことができます。
しかしこの場合は、 「常にちゃんとした家が建てられない」 「治すこともできない」 ということです。

要は、そういった業者をしっかり見分けることが重要なのですから、

 そのような家をいつから造り始めたのか
 今まで何棟くらい引き渡したのか
 今見れる現場はあるのか

必ず確認するようにしてください。

追伸:
特に特殊な工法や材料をとりいれている会社の場合には要注意です。
「この工法をとりいれてもう2、3年経ちます」「この材料はもう何回も使ってますから」
という言葉には、お気をつけください。家を造る実績としては、2、3年程度ではかなり短いですし、
材料は何回もというのも具体的にどのくらいなのか確認してください。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://sekkeibu.blog45.fc2.com/tb.php/41-819f18a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

見学人数



ユニクロック



プロフィール

kojirou

Author:kojirou
☆佐々木一樹
☆1979年3月27日生まれ
☆埼玉県幸手市出身・幸手市在住
☆家族:奥さん/11歳の姫/8歳の王子
☆H17年2級建築士を独学で取得
☆H21年度奇跡の1級建築士合格
★コメント:
大学、建築専門学校をへて住宅業界に飛び込み、現在までに100棟以上の住宅設計を専門に行ってきました。その経験と実践を生かし、住環境に関する提案、良質な住宅建築に関するアドバイス、欠陥住宅に対する助言等を行っています。もし、お困りのことなどございましたら遠慮なくご連絡下さい。質問には喜んでお答えいたします。



最新ニュース



過去ニュース

全ての記事を表示する



◆ささきの関連ページ◆

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



ぷよ



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。