KMI一級建築士事務所
埼玉県幸手市を拠点に活動する設計事務所です。住宅や共同住宅の設計、監理を専門に行っています。ブログでは、仕事内容、家造りのための情報、建築業界のニュース、などなど随時更新していきます!家のことで何か相談があれば気軽にご連絡ください。m(_ _)m
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住宅ローン減税のあれこれ
こんにちは

今週末は、幼稚園の運動会!
すでに そわそわ してきた佐々木です。

嫁さんに

「お友達のおじいちゃんは朝から場所取りに行くそうよ!」

でパパは?なんてプレッシャーをかけられました・・・。

みなさん、普通行くんですかね(汗)


今回は、『住宅ローン減税のあれこれ』 です。


■ 還付額の勘違い

あなたは、住宅ローン減税の還付額って知っていますか。

結構勘違いする人が多いそうです。

控除額の計算は以下のようになります。

(1)住宅ローンの年末残高×1.0%(長期優良住宅は1.2%)

(2)住宅ローン名義人が、その1年間に徴収された所得税額、および

  翌年の住民税額(ただし最高9万7500円)の合計額


この(1)と(2)の どちらか少ない金額 が、控除対象額です。


うぅ~分かりにくい。

私も最初 「んっ!?」 って感じでしたからね。


例えば、

あなたの借入金の、年末残高が3000万円ある場合

(1)の計算なら 30万円 ですね。

問題は(2)です。

あなたが今年徴収された所得税額が
仮に15万円だったとしましょう。

翌年の住民税が14万円だと仮定すると、

「所得税15万円+住民税の上限額9万7500円」

24万7500円

ということで、(1)より少ない・・・。

ということで、この金額が控除対象額になります。



あっ!!そうそう、それとこの住宅ローン減税
自分で申請 しないといけませんので気をつけて下さい。



■ 対象・対象外?

あなたは

新築した人すべてが減税対象になるのではない

ということを知っていますか。


実は、適用要件がちゃんとあるのです。

以下は、国税庁のHPを元に紹介します。

(1)新築又は取得の日から6か月以内に暮らし始めて、

   適用を受ける各年の12月31日まで

   引き続いて住んでいること。

(2)この特別控除を受ける年分の合計所得金額が、

   3千万円以下であること。

  (なので、もし○○さんの年間所得がそれ以上なら

   残念ながら減税対象外です。)


(3)新築又は取得をした住宅の床面積が50平方メートル以上で、

   その床面積の2分の1以上の部分が、

   自分が居住する場であること。

 4)10年以上の住宅ローン(住宅+土地)を組んでいること。

   銀行等の金融機関、独立行政法人住宅金融支援機構、

   勤務先などからの借入金や独立行政法人都市再生機構、

   地方住宅供給公社、建設業者などに対する債務は対象になります。



では、何が対象外なのかというと

例えば

勤務先からの借入金で無利子又は1%に満たない利率によるもの

親族や知人からの借入金

土地だけを購入した場合

などです。

ここら辺は一度ご自分でしっかり確認して下さいね。


いかがでしたか?

家づくりでは、ローンや保険など分からないことだらけです。
ですが、ひとつひとつこなしていけば意外と何とかなるものです。

無理をせず楽しんでいきましょう。



追伸:

本文の件で不明な点があればこちらまでご質問下さい。
    ↓

k-sasaki@wk-s.co.jp

━━☆HP一覧☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
和弘設計    http://www.wk-s.co.jp/
カーサソーレ  http://wakou.casasole.jp/
カーサアマーレ http://wakou.casa-amare.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://sekkeibu.blog45.fc2.com/tb.php/329-2afeb1fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

見学人数



ユニクロック



プロフィール

kojirou

Author:kojirou
☆佐々木一樹
☆1979年3月27日生まれ
☆埼玉県幸手市出身・幸手市在住
☆家族:奥さん/11歳の姫/8歳の王子
☆H17年2級建築士を独学で取得
☆H21年度奇跡の1級建築士合格
★コメント:
大学、建築専門学校をへて住宅業界に飛び込み、現在までに100棟以上の住宅設計を専門に行ってきました。その経験と実践を生かし、住環境に関する提案、良質な住宅建築に関するアドバイス、欠陥住宅に対する助言等を行っています。もし、お困りのことなどございましたら遠慮なくご連絡下さい。質問には喜んでお答えいたします。



最新ニュース



過去ニュース

全ての記事を表示する



◆ささきの関連ページ◆

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



ぷよ



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。