KMI一級建築士事務所
埼玉県幸手市を拠点に活動する設計事務所です。住宅や共同住宅の設計、監理を専門に行っています。ブログでは、仕事内容、家造りのための情報、建築業界のニュース、などなど随時更新していきます!家のことで何か相談があれば気軽にご連絡ください。m(_ _)m
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外壁は見た目が大事?
こんにちは

先月末に2度目の風邪を引き
腹痛と40度超えの熱にうなされていた佐々木です。
今度は、建築士試験前にインフルエンザ・・・。
恐ろしい~・・・。

さて今回は、工事の流れにそって家造りのポイントをお伝えします。

第8回目は、 『外壁は見た目が大事?』についてです。

上尾市本町の物件がもうすぐ竣工を迎えてしまいますがまだ外壁編です。

CIMG4897_convert_20091003172540.jpg   CIMG4901_convert_20091003172610.jpg


最近の住宅に使われている仕上材には
多くの種類があります。

一般的には、
サイディングといわれる板状のものを張り合わせていく方法と
モルタルを塗りその上に仕上材を塗っていくまたは吹き付ける方法です。

見た目をよく作るだけであれば
どちらも標準的な作業を行えばきれいに仕上がります。

しかし、気をつけならなくてはならないポイント
見た目ではなく中身にあることをあなたはご存知ですか。

実は、雨が降ったときの防水として
外壁の仕上げをしっかり造ることは有効ではあります。

しかし、本当にしっかり造らなくてはいけないのは、
壁の中のもう一つの防水層なのです。

外壁は何年かたつと壁の取り合いに隙間があいてしまい
雨が内部へ進入してしまうことがあります。

その場合、壁の中の見えない防水層が
しっかり造られていないと雨漏りをしてしまうのです。

あなたが防水方法を勉強して
現場でチェックすることは少し難しい面もあります。

そこで必ず現場の担当者に

「壁の中はどのような仕様なの?」

「雨漏りしないための対策は?」


と質問をすることを忘れないでください。

やっぱり人も家もすべては゛中身゛が大事ですよね。

子育てすくすく住工房
設計部 佐々木 一樹
TEL 048-771-2221

追伸:
先日、こんな質問を頂きました。
「家造りの依頼はしないかもとお伝えしたのに
 なんでいろいろと教えてくれるのですか?」

それは単純な理由です。
「無償で家造りの情報を提供すると喜ばれたり
 感謝されるので私もうれしくなるからです。」


人から感謝されるとなんだかうれしい気持ちになりますよね。

もしあなたも感想などがあればこちらまで
    ↓
k-sasaki@wk-s.co.jp


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://sekkeibu.blog45.fc2.com/tb.php/154-0afeee97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

見学人数



ユニクロック



プロフィール

kojirou

Author:kojirou
☆佐々木一樹
☆1979年3月27日生まれ
☆埼玉県幸手市出身・幸手市在住
☆家族:奥さん/11歳の姫/8歳の王子
☆H17年2級建築士を独学で取得
☆H21年度奇跡の1級建築士合格
★コメント:
大学、建築専門学校をへて住宅業界に飛び込み、現在までに100棟以上の住宅設計を専門に行ってきました。その経験と実践を生かし、住環境に関する提案、良質な住宅建築に関するアドバイス、欠陥住宅に対する助言等を行っています。もし、お困りのことなどございましたら遠慮なくご連絡下さい。質問には喜んでお答えいたします。



最新ニュース



過去ニュース

全ての記事を表示する



◆ささきの関連ページ◆

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



ぷよ



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。