KMI一級建築士事務所
埼玉県幸手市を拠点に活動する設計事務所です。住宅や共同住宅の設計、監理を専門に行っています。ブログでは、仕事内容、家造りのための情報、建築業界のニュース、などなど随時更新していきます!家のことで何か相談があれば気軽にご連絡ください。m(_ _)m
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローン破産の裏に見える安易な資金計画
こんにちは

梅雨にはいり通勤の足どりが「ずっしり」と重くなった佐々木です。

さて今回は、最近増えている゛ローン破綻゛についてです。

先日のテレビで、ローン破綻の特集が組まれ放送されていました。
内容は、ローン破綻となりそうな方への密着取材があり
今まさに「家を手放さなくてはいけない」という方がでていました。

そして、その方のローン内容を聞いて愕然としました。

その内容とは

借入金 5000万 月々返済 22万円 というものでした。

インタビューでは

「なぜこんなローンを組んでしまったのですか?」

と聞かれ

「2人共働きで働けば返せると思ったんですよ」

と淡々と答えていました。

長い長いローン返済期間の途中で

「共働きできなくなるかもしれない」

「給料が下がるかもしれない」


などと考えなかったのでしょうか。

自分で決断をして判子を押したのですから
゛自己責任゛という部分も確かにあります。

しかし、話をそれだけで終わりにすることはできません。

依頼した住宅会社やローンを組んだ銀行は
いったいどうしてこんな無理な資金計画で家を建てさせたのかっ!

あなたもそう思いませんか?

プロの営業マン、ローンに詳しい銀行の担当者、
専門家が2人もついていたのになぜ・・・。

わかりますか?とても簡単なことです。
それは、営業マンも銀行の担当者も家造りを行う方の味方ではないからです

営業マンは、少しでも高い契約を取れれば自分の給料が上がります。
銀行は少しでも多くお金を貸せば儲かります。

ですから、あなたが家造りを行う時は
必ずあなた主導で資金計画を行ってくださいね。

追伸:
「それなら資金計画は具体的にどう行えばいいの?」
という方は、こちらまでご連絡下さい。喜んでお答えします。
          ↓
     k-sasaki@wk-s.co.jp


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://sekkeibu.blog45.fc2.com/tb.php/133-a151f0cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

見学人数



ユニクロック



プロフィール

kojirou

Author:kojirou
☆佐々木一樹
☆1979年3月27日生まれ
☆埼玉県幸手市出身・幸手市在住
☆家族:奥さん/11歳の姫/8歳の王子
☆H17年2級建築士を独学で取得
☆H21年度奇跡の1級建築士合格
★コメント:
大学、建築専門学校をへて住宅業界に飛び込み、現在までに100棟以上の住宅設計を専門に行ってきました。その経験と実践を生かし、住環境に関する提案、良質な住宅建築に関するアドバイス、欠陥住宅に対する助言等を行っています。もし、お困りのことなどございましたら遠慮なくご連絡下さい。質問には喜んでお答えいたします。



最新ニュース



過去ニュース

全ての記事を表示する



◆ささきの関連ページ◆

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



ぷよ



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。