KMI一級建築士事務所
埼玉県幸手市を拠点に活動する設計事務所です。住宅や共同住宅の設計、監理を専門に行っています。ブログでは、仕事内容、家造りのための情報、建築業界のニュース、などなど随時更新していきます!家のことで何か相談があれば気軽にご連絡ください。m(_ _)m
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと待って!その保障はどんな保障?
こんにちは

明日は子供の運動会らしいのですが、
朝から学校がありもやもやしている佐々木です。

今回は、゛ちょっと待って!その保障はどんな保障?゛という話です。

『もしも計画中や竣工後に施工業者が破綻してしまったら』

最近、こんな心配をしないといけない状況なのはご存知ですよね。
しかも、小さい会社大きい会社関係ないのです。

つい先日も、テレビ宣伝をたくさんしていた住宅会社が倒産し
被害者がたくさんいるということがニュース番組でとりあげられていました。

そこで施工業者が倒産したとき、何が重要になってくるのでしょうか?

それは、どんな『保障制度』を利用しているかということです。

たくさんの会社が、

「我が社は、○○保障を行っています」

「我が社は、○○年保障します」

などとうたっていますが、
実は、第3者の保障ではなく『自社保障』という会社もありました。

これは、自分で自分を保障するので
自分が倒産したら結局は保障できません。

今後は、10月以降引渡しの物件から
かならず国が定めた機関の保障制度を
利用しなければならなくなりました。

あなたがこれから家を建てるのであれば
依頼する住宅会社はその保障制度を必ず利用しなければいけません。

ですから、ひとまず安心といったところでしょうか。

ですが、
今回の法律改正から保険を利用し始めたのか?
また、どこの機関の保険を利用するのか?

といったことは必ず聞くようにしてください。

優良業者は法改正など関係ない以前から
保険制度をしっかりと利用していましたからね。

追伸:
契約金2000万を払って次の日に倒産された方もいるそうです。
倒産することがわかっている状態での資金集め。
本当に酷い話ですよね。

それでは、保障制度をもっと詳しく聞きたい方はこちらまで
              ↓
         k-sasaki@wk-s.co.jp


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://sekkeibu.blog45.fc2.com/tb.php/131-20b66092
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

見学人数



ユニクロック



プロフィール

kojirou

Author:kojirou
☆佐々木一樹
☆1979年3月27日生まれ
☆埼玉県幸手市出身・幸手市在住
☆家族:奥さん/11歳の姫/8歳の王子
☆H17年2級建築士を独学で取得
☆H21年度奇跡の1級建築士合格
★コメント:
大学、建築専門学校をへて住宅業界に飛び込み、現在までに100棟以上の住宅設計を専門に行ってきました。その経験と実践を生かし、住環境に関する提案、良質な住宅建築に関するアドバイス、欠陥住宅に対する助言等を行っています。もし、お困りのことなどございましたら遠慮なくご連絡下さい。質問には喜んでお答えいたします。



最新ニュース



過去ニュース

全ての記事を表示する



◆ささきの関連ページ◆

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



ぷよ



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。