KMI一級建築士事務所
埼玉県幸手市を拠点に活動する設計事務所です。住宅や共同住宅の設計、監理を専門に行っています。ブログでは、仕事内容、家造りのための情報、建築業界のニュース、などなど随時更新していきます!家のことで何か相談があれば気軽にご連絡ください。m(_ _)m
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

監理をご存知!?
こんにちは

週明けから現場に駆り出され全身筋肉痛の佐々木です。

週末に開催しました春日部市の見学会は
合計で『18組』の方にご来場頂きました。
わざわざ忙しい中見学に来て頂きありがとうございました。

さて今回は、監理という仕事についてのお話です。

家造りを行うにあたって設計の話はでますが、
監理の話はほとんど聞きませんよね。

実は、多くの住宅現場に監理者がいないという現実があります。
そして、監理者がいないことを知られると業者にとっては都合が悪いので、
監理の話をしないようにしています。

それはそうです。
法律ではちゃんと監理者がいないといけないことになってますから。
でも申請上は必ず監理者がいるのですよ。

おかしいですよね。何でそんなことになってしまうのか。
それは大きく分けて2パターンあります。

住宅業者に言われ、書類上は監理者がいないといけないので
しょうがなく設計士が名前だけ記載している場合があります。
そして、その設計士は監理料がもらえないので現場を監理しにきません。

「現場監督が監理もしています」という場合もあります。
しかし、その現場監督は監理を行っても良い資格者なのでしょうか。
もし資格者であったとしても、現場監督が自分で造っている家をでチェックできるでしょうか。
検査される人とする人が同一人物なのですから厳しいですよね。

説明が遅くなりましたが、
監理とは゛契約図面通りの施工になるよう現場チェック゛することです。

現場には必ず現場の監督以外にも監理者がいなくてはいけません。
ですので、その対応をどうしているのか忘れずに住宅会社へ確認してください。

追伸:
実は、監理者がいなくても家は建ってしまいます。
現場の監督がしっかりしていれば良い家はできてしまうのです。
しかし、能力の高い監督を見つけることはとても難しい。
ですから、もう一人現場をチェックする監理者が必要なのです。
            ↓
もっと詳しい話が聞きたい方はこちらまでご連絡下さい。
         
       k-sasaki@wk-s.co.jp


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://sekkeibu.blog45.fc2.com/tb.php/124-27fdf2b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

見学人数



ユニクロック



プロフィール

kojirou

Author:kojirou
☆佐々木一樹
☆1979年3月27日生まれ
☆埼玉県幸手市出身・幸手市在住
☆家族:奥さん/11歳の姫/8歳の王子
☆H17年2級建築士を独学で取得
☆H21年度奇跡の1級建築士合格
★コメント:
大学、建築専門学校をへて住宅業界に飛び込み、現在までに100棟以上の住宅設計を専門に行ってきました。その経験と実践を生かし、住環境に関する提案、良質な住宅建築に関するアドバイス、欠陥住宅に対する助言等を行っています。もし、お困りのことなどございましたら遠慮なくご連絡下さい。質問には喜んでお答えいたします。



最新ニュース



過去ニュース

全ての記事を表示する



◆ささきの関連ページ◆

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



ぷよ



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。