KMI一級建築士事務所
埼玉県幸手市を拠点に活動する設計事務所です。住宅や共同住宅の設計、監理を専門に行っています。ブログでは、仕事内容、家造りのための情報、建築業界のニュース、などなど随時更新していきます!家のことで何か相談があれば気軽にご連絡ください。m(_ _)m
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

♪狭山市の物件が上棟しました~♪
こんにちは、佐々木です。

狭山市で工事中の物件ですが

日曜日に無事 上棟 をむかえることができました~♪


                              

小林邸上棟1

小林邸上棟2

小林邸上棟4

小林邸上棟3

小林邸上棟9

小林邸上棟5

小林邸上棟6

小林邸上棟7

小林邸上棟8


この物件は

平成24年度地域型住宅ブランド化事業採択物件となっており

只今 構造見学受付中 です。


詳細はこちらをどうぞ

http://www.wakousekkei.jp/article/14797621.html



スポンサーサイト
すぐに入居したい気持ちは分かりますが 
こんにちは

おぉ~~~!!!64.2キロ~~~!

昨晩、体重新記録がでた佐々木です。

久しぶりに見ました。


本日のテーマ 「 すぐに入居したい気持ちは分かりますが  」 

完成検査を終えると

「早くここで暮らしたいな」

とワクワクしてきます。


ですが、もう少し待ってください。

あなたは、カーテンや照明のコストを減らすために

・自分で設置する

・施工業者以外の格安業者に依頼する


といった方法を考えていませんか?

その場合、作業できるのは引渡しを受けてからになります。


なぜならば

引渡しまでの建物や土地の管理責任は施工業者にある

からです。


施工業者がいない間

あなたが依頼した他の業者が出入りすると

責任の所在 が曖昧になりますよね。

それがトラブルの元になったりするケースもあります。


また、外構工事を依頼する時に気をつけること。

それは

『住んでから工事が始まると不便が多い』

ということです。

・カーポートが完成するまでは駐車スペースがない

・工事中のホコリや音を防ぐため、窓を開けられない

・出勤・登校・買い物など、生活パターンが筒抜けなので、防犯面が心配


といった、さまざまな問題が出てきます。


また、悪天候が続くと工期が延びる

ということも計算しておかないといけません。

雨で工期が1~2週間遅れるなんてことはよくあることです。



ということをいろいろ考えていくと

引越しのタイミングって簡単なようで難しい

家族の意見も聞き、一番いい時期を見つけてくださいね。


追伸

ご相談があればこちらまでお願いします。

    ↓
k-sasaki@wk-s.co.jp



追加・変更はトラブルのもと
こんにちは

今日は朝から汗をかいている佐々木です。

だんだんと暑くなってきましたね。


本日のテーマ

「 追加・変更はトラブルのもと  」 

契約が終わり工事準備が進んだり
着工して工事が進んだりすると・・・

必ずと言っていいほど
追加工事や変更を依頼したくなります。

その時に気をつけてほしいこと

それは

契約書を交わす 

ということ。

しかし、小さな変更の場合
口約束で済ませることも多いものです。

じつは、これが トラブル のもとになりやすい。

変更・追加の詳細が書かれていない契約書を交わしたり
口約束だけで契約書を交わさなかったりすると

後々どうにでも解釈できます。

これがどんなに恐ろしいことかは言うまでもありませんよね。


例えば

現場での会話の中で無料だと思って依頼したら後日請求された

「だいたい○万円くらいです」

と言われたから依頼したのにそれ以上の金額を請求された


なんて場合もあります。


また 「これはサービスです」

と言われた場合でもそれを証明する書面を交わすことをお勧めします。

サービスと言われて、後で請求された事例は山のようにあります。


新築工事中の追加や変更は、くれぐれも慎重にどうぞ。


追伸

できれば追加や変更がでないように

細かい部分までしっかり打ち合わせをした上で契約しましょう。

では、ご質問があればこちらまでどうぞ
 
     ↓
k-sasaki@wk-s.co.jp



重要事項を1回の説明で理解できるのか?
こんにちは

お腹がなり時計を見るともうお昼

体内時計が正確な佐々木です。

(*^_^*)V



本日のテーマ 

「重要事項を1回の説明で理解できるのか?」

あなたは、生命保険を申し込む時
約款を最初から最後まで読みますか?

読む気がしませんよね (^_^;)

でもあとで

「この病気は保険の対象外だったの?」

と後悔する羽目になるかもしれません。

・・・それでも、やはり全部を読む気はしませんが

最悪の場合、保険は変えられます。


しかし 建築請負契約書 と 重要事項

だけはしっかり目を通してください。

業者は簡単に変えられません。


契約の際は、重要事項をすべて確認する

ということになっています。


しかし、契約をしようという時に

専門用語満載の文章をスラスラと読み上げられても

なかなか理解できません。


「ここまでの内容に対して、何か質問はありませんか?」

と言われても、そう簡単に質問もできません。


「書かれていることは理解できるが、何かがちょっと・・・」

と思っても、次々に進んでいくので

尋ねたいことを忘れて、次の説明を一生懸命聞くことになります。


では、どうすればいいのかというと

契約をする前に書類を業者からもらい事前に確認する

ということが必要です。


そして、しっかり読み込み

しっかり調べて十分に納得してから契約しましょう。


「契約の場で詳しく説明しますから大丈夫ですよ」

という業者もいますが、説明してもらっても ・ ・ ・

なのでお気を付けください。


追伸

契約の件でご質問があればこちらまで

    ↓
k-sasaki@wk-s.co.jp



駆け込みに向いている人、向いていない人
こんにちは

鼻の皮がぴりぴりはがれてきた佐々木です。

週末子供の運動会だったので

その時の日焼け後遺症です(汗)


本日のテーマ

「 駆け込みに向いている人、向いていない人  」 


あたなの家づくりのきっかけってなんでしょう。

結婚、出産、子どもの入学・独立、などなど

理由はいろいろありますよね。


駆け込みをするにあたり難しいのが

このきっかけとタイミングがあうのかということ。


数年以内ならいつ家づくりをしても構わない

という人なら駆け込みでも失敗することは少ないでしょう。


でもそうでない場合は

何かと焦って進めないといけない

というケースも考えられるので注意が必要です。



そして、依頼先ですが

とくにこだわりがない人

急いで建てたい人


に向いているのがハウスメーカーの家づくりです。


これなら工期も短いので駆け込みに向いています。

設備や仕様がある程度決まっているので

急いでも大きな失敗はしないですみそうです。




逆に こだわりの家づくりをしたいという人 はというと

あなたの夢を叶えるために業者はあなただけの家づくりをします。

そうなると、打ち合わせにも施工にも時間がかかります。

もし駆け込みをするなら

ある程度の妥協も必要になるかもしれません。




一生に一度の家づくりを依頼する方としては

「誠実な対応をしてほしい」

「丁寧で正確な仕事をしてほしい」

「さまざまなアドバイスをしてほしい」


など、業者にあれこれと要求したくなります。


でも増税に間に合わせたいのなら時間は限られています。
そうなると、業者にも限界があります。

いずれにしても、どの業者に依頼するにせよ
その辺の事情は理解しておいた方がよさそうですね。


追伸

ご相談あればこちらまでどうぞ

    ↓
k-sasaki@wk-s.co.jp



☆川口市安行慈林工事進捗☆
こんにちは、佐々木です。

川口市安行慈林にて工事中の物件は

ついに外壁 ガルバリウム鋼板 の施工にとりかかりました。

楽しみ楽しみ (*^_^*)V



外観全景
寺田邸外観ガルバ施工中


ガルバリウム鋼板
寺田邸ガルバ施工中



遮音シート設置
寺田邸遮音シート


断熱材・電気配線の設置が終了
寺田邸電気配線後内装


只今、現場見学受付中!詳しくはこちらをどうぞ
        ↓
http://www.wakousekkei.jp/article/14797856.html


☆狭山市基礎工事写真☆
こんにちは、佐々木です。

狭山市で工事中の物件ですが

順調に 基礎工事 が進行中です。

コンクリートの打設もおわり

後は型枠撤去を行えば基礎工事完了です。



鉄筋設置完了
小林邸基礎配筋全景


小林邸基礎配筋1


小林邸基礎配筋2


底盤コンクリート打設
小林邸基礎底盤コンクリ打設


立上り型枠設置
小林邸基礎立上り型枠


立上りコンクリート打設
小林邸基礎立上りコンクリ打設


小林邸基礎立上りコンクリ打設終了

基礎工事の件でご質問があればこちらまでどうぞ
    ↓
k-sasaki@wk-s.co.jp

現場見学も受付中です!詳しくはこちらをどうぞ
    ↓
http://www.wakousekkei.jp/article/14797621.html



結露と湿度のお話配信中
こんにちは、佐々木です。

お休み明けの今週は

結露と湿気

のお話をメールマガジンにて全3話配信中です。

内容は

1:結露を減らす生活

2:結露 → ○○ → ダニ

3:その湿気がアレルギーの原因に


となっております。


目を通したい方はこちらまでご連絡ください。

メールにてお送りいたします。

      ↓
k-sasaki@wk-s.co.jp




太陽光発電と日照権
こんにちは

今のところ明日から4連休の予定で
わくわくしている佐々木です。

仕事はしっかりやってますよ(^_^;)


本日のテーマ 「 太陽光発電と日照権  」
 

「えっ!!!マンションたつの ・ ・ ・ 」

知人宅の南側の空き地に

ある日マンションが建つとの噂が ・ ・ ・

知人は太陽光発電システムを昨年設置したばかり。

ということは、室内に日差しが入りにくくなるだけでなく

発電量が減ることも考えられます。



実は地域ごとに

 用途地域 

というものが定められています。


その中で、私たちが住宅を建てられるのは

住宅専用地域だけでなく

商業地域 や 工業地域 にも及びます。

「商業地域の近くなら、買い物が便利よね」

と安易に考えてはいけません。

なぜなら、その地域によって

『 建ぺい率 』 『 容積率 』 『 高さ制限 』

が大きく違うからです。


建てる地域によっては

あなたの家に日差しが入らなくても文句が言えない

という地域もあるのです。



太陽光発電システムを設置するには

いくら補助金があるといっても多額の自己負担が必要です。


ですから、あなたが太陽光発電システムの設置を考えているなら

太陽光を遮る場所にマンションやアパート、店舗など

背が高い建物ができる予定がないか

も確認してください。


もし、あなたの家づくりが土地購入からということであれば

土地の購入時から視野にいれて動かないといけないということです、


太陽光は普及にともなってトラブルも増えていますので

しっかり見極めた上で採用を検討してくださいね。


追伸

太陽光の件でご質問があればこちらまでどうぞ

    ↓
k-sasaki@wk-s.co.jp



太陽光発電の買い取り価格がさがる?
こんにちは

暦通りのゴールデンウィークですが
なんだかそわそわ仕事中の佐々木です。


本日のテーマ

「 太陽光発電の買い取り価格がさがる?  」 

再生可能エネルギーの中で、最も普及率が高い太陽光発電。

それに伴い、太陽光パネルの価格は以前と比べると随分下がりました。

そんな影響もあり、経済産業省は
太陽光発電の買い取り価格を2013年度から

引き下げ ました。

今は、1キロワット当たり 38円 です。


これまでの買い取り価格は

2010年は、1キロワット当たり48円。

2011年からは42円でした。

ちなみに 買い取り期間は10年 です。

設備認定を受けてから10年の間
設置した時の買い取り価格で計算されます。

これが 『固定価格買い取り制度』 というものです。

といっても、以前の太陽光パネルの価格が
今より高めだったことを考えると

どちらがお得かは判断が難しい

というところです (;^_^A


これからもこの流れ

太陽光自体の価格が下がる

買取価格も下がる


ということが続きそうなので

状況をしっかり判断しながら採用の判断をしましょう。


追伸

太陽光のことで聞きたいことがあればこちらまでどうぞ

     ↓
k-sasaki@wk-s.co.jp





見学人数



ユニクロック



プロフィール

kojirou

Author:kojirou
☆佐々木一樹
☆1979年3月27日生まれ
☆埼玉県幸手市出身・幸手市在住
☆家族:奥さん/11歳の姫/8歳の王子
☆H17年2級建築士を独学で取得
☆H21年度奇跡の1級建築士合格
★コメント:
大学、建築専門学校をへて住宅業界に飛び込み、現在までに100棟以上の住宅設計を専門に行ってきました。その経験と実践を生かし、住環境に関する提案、良質な住宅建築に関するアドバイス、欠陥住宅に対する助言等を行っています。もし、お困りのことなどございましたら遠慮なくご連絡下さい。質問には喜んでお答えいたします。



最新ニュース



過去ニュース

全ての記事を表示する



◆ささきの関連ページ◆

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



ぷよ



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。