KMI一級建築士事務所
埼玉県幸手市を拠点に活動する設計事務所です。住宅や共同住宅の設計、監理を専門に行っています。ブログでは、仕事内容、家造りのための情報、建築業界のニュース、などなど随時更新していきます!家のことで何か相談があれば気軽にご連絡ください。m(_ _)m
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

業者探し編その11
こんにちは

地震の影響で何やら材料が流通していない
そんな話を聞いて胃がキリキリしている佐々木です。


今回は、「チェックポイントその11 現場編1」です。

現場を見ればその会社の力量全てがわかる。

「住宅会社の職人への指導力」

「現場監督のチェック能力」

「職人さん自体の質」


全ては現場で確認できます。

あなたなら現場に行ってまず初めに何を見ますか。

柱、梁、設備、仕上げ?

いえいえ見るところはそんなところではありません。

まずは何といっても現場の

 整理整頓  です。


「そんなのあたりまえでしょ!」

そうなんです。

できて当たり前なんですが意外とこれができていない。

現場がきたないのに良い家が造れるわけありませんよね。


ちなみに、参考としてお話しますが
ハウスメーカーの現場は大変よく管理されていて

とってもきれい です。

もしお住まいの近くで
ハウスメーカーさんの現場があれば一度のぞいてみて下さい。

 追伸 

「家の近くの現場でこんな光景を見た!」

なんて話がある方は教えて頂けませんか。
良いことでも悪いことでもかまいません。
参考になると思うので紹介させて頂きます。


お話はこちらまで
    ↓
k-sasaki@wk-s.co.jp





スポンサーサイト
業者探し編その10
こんにちは

地元のマラソン大会が中止になり
目標を失ってがっかりしている佐々木です。

今回は、 「チェックポイントその10・小さい会社の問題」

本社ビル

展示場

歩合制の営業マン

宣伝広告


などに、無駄な経費をかけないで
家造りを行っている地元の小さい会社

こんな会社ってとてもすばらしいですよね。


しかし、

小さい会社には小さい会社なりの問題が・・・

技術よし 

無駄な経費をかけず価格も安い

人間性も信頼できる 

これなら何の不安もない


 完璧  ですよね。

ところがたった一つだけ欠けているものがある。

それは 

『跡を継いでくれる人がいない』

という悲しい現実・・・。

「あの社長さんはもう年配だし、竣工後何かあったらどうしよう」

「いったい誰がその後のメンテナンスをしてくれるんだろう」


当然心配ですよね。

しっかり後継者を育てているのか?
すでに後継者がいるのか?
若い人の能力も柔軟に取り入れているのか?


そんなところも是非確認してください。


追伸:

もっと詳しい話が聞きたい方はこちらまでご連絡下さい。
しっかりご返事しますよ。
    ↓
k-sasaki@wk-s.co.jp





業者探し編その8
こんにちは、佐々木です。

業者探し編その8の更新を忘れていました。


それでは 「チェックポイントその8・簡単に値引きをする業者」


住宅会社へ見積り依頼をするとこんなことがあります。

頼んでもいないのに最初から値引きされている

そんな見積もりが出てくる場合があるんです。

不思議ですよねぇ。
 
                         
そして、その見積もりを見て

・こんなに値引きしても住宅会社は大丈夫なのか?
・手抜き工事をされたりしないか?
・最初から正しい見積りなのか?


なんて不安に思うこともでてきます。


しかし、営業マンそれを聞くと

「大丈夫です!気にしないで下さい」 

としかいいません。

それもそのはず

最初から根拠がないので答えられない

単純にお得感を演出するための値引ということです。


他にもこのような値引きの手法は数多くあります。

理由がしっかりしていない値引きにはのせられないように。


余談:

゛竣工後に100万が帰ってきた゛

という話を建て主さんから聞いたことがあります。

建て主さんの親戚のお話だったんですが

「ちょっと多くもらいすぎたのでお返しします」

と営業マンが竣工後にもってきたそうです。


100万返せるだけ最初にとっていた

という話なんですが本当にこんな手法があるんですよ。

もちろん  お得感  はかなりあります。

とってもうれしいですよね。

考えてもいなかった100万円が突然目の前にでてくるんですから

以上、余談でした。


追伸:

もっと詳しい内容はメールマガジンでお伝えしています。

もしお読みになりたい方はこちらへ苗字だけお教え下さい。

    ↓
k-sasaki@wk-s.co.jp




業者探し編その9
こんにちは

余震に ビクビク びびりまくっている佐々木です。


今回は、「チェックポイントその9・契約内容の超重要ポイント」です。


契約を行う前に必ずおこなうこと

それは、契約書や約款などの内容説明。

(事前にその説明さえしない業者なら契約しないこと)

その内容で、一番重要なチェックポイントがあります。

それは、 支払い条件 なんです。

支払いは、出来たものに対して払う

出来高払い

の条件でなるべく契約してください。


中には

「我が社の支払い条件は変更できません」

というところもあります。

ですから、なるべく早い段階で確認することが大切です。

契約直前でわかった場合、それまでの打合せが無駄になりますからね。

または

危ないとわかっていてもその条件で契約してしまうか・・・。


以前、支払いを先払いで行なってしまい

多くの方が悲しい思いをされました。

そんなことがないように気をつけて下さいね。



追伸:

もっと詳しい内容はメールマガジンでお伝えしています。

もしお読みになりたい方はこちらへ苗字だけお教え下さい。

    ↓
k-sasaki@wk-s.co.jp





ご冥福をお祈りいたします。
こんにちは、佐々木です。

3月11日に発生しました東北地方太平洋沖地震で
犠牲となられた方々のご冥福をお祈りいたします。

また、被害にあわれた皆様には
心よりお見舞いを申し上げますとともに
一日も早い復興をお祈りいたします。
 


また、被害にあっていない私達は
復興への協力を可能な限り行なうことを誓います。
 



業者探し編その7
こんにちは

昨日友達に 「あれ!?太った?お腹回りが・・・」

といわれた佐々木です(泣)

怒るよりも落ちました。


今回は、「チェックポイントその7・工期短縮」です。

あなたは、工期ってわかりますか。

良い家を建てるためには
必ず各会社の 適正工期 を守らなくてはいけません。


それを無理に縮めて間に合わせることを

「突貫工事」 といいます。

突貫工事は欠陥住宅を生む可能性があります。

だから、仕事を取りたいがために

簡単に工期短縮を受ける会社には依頼しない

ということが大切なんです。


さて、突貫工事になるケースですが

お客様の都合で工期を急がせる

という場合があるのですが、そのときに

「大丈夫です!間に合わせます!」

と、しっかり適正工期の重要性も説明しない業者がいます。

あなたは、

「私達のために大変だけど一生懸命やってくれるんだ!」

なんて思ってしまいますか?


突貫工事は、どのケースにしても限界があるんです。

造るのは人間ですから工事は必ず雑になります。
それは、どんなに腕のいい職人さんでも同じことなんです。


ですから、無理な工期短縮には気をつけて下さいね。


追伸:

本文の内容で何か感想がある方はこちらまで
    ↓
k-sasaki@wk-s.co.jp






見学人数



ユニクロック



プロフィール

kojirou

Author:kojirou
☆佐々木一樹
☆1979年3月27日生まれ
☆埼玉県幸手市出身・幸手市在住
☆家族:奥さん/11歳の姫/8歳の王子
☆H17年2級建築士を独学で取得
☆H21年度奇跡の1級建築士合格
★コメント:
大学、建築専門学校をへて住宅業界に飛び込み、現在までに100棟以上の住宅設計を専門に行ってきました。その経験と実践を生かし、住環境に関する提案、良質な住宅建築に関するアドバイス、欠陥住宅に対する助言等を行っています。もし、お困りのことなどございましたら遠慮なくご連絡下さい。質問には喜んでお答えいたします。



最新ニュース



過去ニュース

全ての記事を表示する



◆ささきの関連ページ◆

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



ぷよ



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。