KMI一級建築士事務所
埼玉県幸手市を拠点に活動する設計事務所です。住宅や共同住宅の設計、監理を専門に行っています。ブログでは、仕事内容、家造りのための情報、建築業界のニュース、などなど随時更新していきます!家のことで何か相談があれば気軽にご連絡ください。m(_ _)m
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★ビックサイト展示会★
こんにちは

ゼーゼー・・・ゼーゼー・・・。

残暑はいつまで続くんだ~!
さすがにもうそろそろ限界の佐々木です(大汗)

エアコンのかけなすぎ、又はかけすぎには十分注意しましょう。

今回は、 ゛ビックサイトの展示会゛ のお知らせです。

夏の最後に一日ゆっくり出かけてみませんか。

これは内緒ですが、お食事つきです。(笑)

もちろんメインは

メーカーさんが展示するたくさんの商品

を見学することです。

これから新築を考えている人から
リフォームをする人まで必ず参考になります。

ご興味のある方は是非この機会にご参加下さい。

ということで、詳しくは下記をご覧下さい。
      ↓
http://www.wk-s.co.jp/watch_info/index.html

補足:

「直接会場に行きたい」 
という方には、入場券、無料駐車券などをお譲りしますので
ご一報くださいませ。


追伸:

申し込みたいけどわからない
何だか不具合があってできない

という方はこちらまで
    ↓
k-sasaki@wk-s.co.jp




スポンサーサイト
確認申請だけ?のなぞ
こんにちは

埼玉県にある 「むさしの村」 という遊園地へ遊びに行き
その晩、疲れて体調不良を発症。

次の日プールへ遊びに行くという強行スケジュールを
子供達に頭を下げてドタキャンした佐々木です。

夏場に弱い自分を再認識したお盆休みでした(泣)

むさしの村 → http://www.musashinomura.co.jp/index.html


今回は、『確認申請だけ?のなぞ』についてのお話です。


設計の仕事のパターン
ざっくりと大きく分けて2種類

パターン1 全ての業務を行う
パターン2 確認申請だけ行う


ではでは、今回なぜパターン2のような
業務形態ができるのかお教えします。

それには、

費用の問題と全ての設計業務を行わなくても家が建ってしまう

という理由があるからです


そして、あなたもご存知だと思いますが
役所の許可を取らないと建築の工事はできませんよね。

ということで、住宅メーカーや工務店は

「とりあえず確認申請が通る図面を書いてそれで許可を取ってくれ」
「あと必要なことや監理はこっちでやるからいいよ」


ということになります。

当然、設計事務所は頼まれてもいない監理業務を行いに
現場まで足を運ぶようなことはしません。

結果、自然とこのような業務形態になってしまうんです。


誤解があるといけないので補足ですが
別にこの流れが悪いということではありません。

後で不安にならないように

そうであることをしっかり認識したうえで頼んでほしい

ということなのです。

また、実際の監理者がその資格を持っていて
名義貸しではないということもしっかり確認してくださいね。


追伸:

今回の話でわからないところがあれば
直接私までご質問下さい。
    ↓
k-sasaki@wk-s.co.jp


★お盆休みのお知らせ★
こんにちは

暑さに弱くて毎日ヒィーヒィーしている佐々木です。


明日から 『お盆休み』 に入ります

お休み期間は

8月12日(木)~15日(日)

となります


お休み中に相談したいことができたという方はこちらまで
     ↓
k-sasaki@wk-s.co.jp

お休み中にどうしても悩みを解決したいという方はこちらまで
     ↓
090-8059-7751


それでは、いいお盆休みをお過ごし下さい。

(^∀^)


設計業務の問題点
こんにちは


本日、朝8:00に会社を出発
地下駐車場の躯体コンクリートを打ってきたのですが

工事部の人手が足りず狩り出されたのに
3時間しか体がもたず戦力外通告を受けた佐々木です(泣)

熱中症一歩手前でした。

あなたも、熱中症には十分気をつけて下さいね。


今回は、『設計業務の問題点』についてのお話です。

前回お話したパターン2の問題点


その1:しっかり設計事務所が監理を行っている
    と勘違いをしてしまう。


仮に工事施工者がその資格を持っていたとしても
設計事務所がやっているものだと思っていた場合

「本当に設計事務所が監理しないで大丈夫なの?」

と後で気がついたときに、あなたは不安になりませんか。

また、それが最後までわからないまま
家造りが終わってしまうケースさえあります。


その2:監理をする工事施工者に設計事務所の資格がなく
    設計をした事務所が監理をすることにする。


いわゆる名義貸しってやつです

いまだにこのようなことをしている業者も
存在しているのでお気をつけ下さい。


追伸1:

本日地下駐車場のコンクリートを打ってきた現場で

来月「構造見学会+勉強会」を行う予定であります。

もしご興味がある方は事前に連絡を頂ければ詳細のご連絡を致します。

事前の連絡はこちらまで
    ↓
k-sasaki@wk-s.co.jp




見学人数



ユニクロック



プロフィール

kojirou

Author:kojirou
☆佐々木一樹
☆1979年3月27日生まれ
☆埼玉県幸手市出身・幸手市在住
☆家族:奥さん/11歳の姫/8歳の王子
☆H17年2級建築士を独学で取得
☆H21年度奇跡の1級建築士合格
★コメント:
大学、建築専門学校をへて住宅業界に飛び込み、現在までに100棟以上の住宅設計を専門に行ってきました。その経験と実践を生かし、住環境に関する提案、良質な住宅建築に関するアドバイス、欠陥住宅に対する助言等を行っています。もし、お困りのことなどございましたら遠慮なくご連絡下さい。質問には喜んでお答えいたします。



最新ニュース



過去ニュース

全ての記事を表示する



◆ささきの関連ページ◆

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



ぷよ



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。