KMI一級建築士事務所
埼玉県幸手市を拠点に活動する設計事務所です。住宅や共同住宅の設計、監理を専門に行っています。ブログでは、仕事内容、家造りのための情報、建築業界のニュース、などなど随時更新していきます!家のことで何か相談があれば気軽にご連絡ください。m(_ _)m
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正しい家造りの進め方
こんにちは

先日、私のお腹を見た子供にメタボと言われ
真剣にダイエットを考えている佐々木です。

誰か効果がある正しいダイエット方法を教えてください(泣)


今回は、『正しい家造りの進め方』についてお話します。


家を建てて失敗してしまう方のお話を本当によく聞きます。

それは多くの方が家造りの進め方を無視して
家造りを始めてしまうから・・・。

何事にも正しい進め方があります。

では、どのような手順で家造りを進めれば良いのか?

1 家を建てる本当の目的を認識する

2 自分にとって無理のない予算を知る

3 希望の優先順位をまとめる 

4 土地選び、業者選び


しかし、1~3の過程を踏まずに多くの方は
いきなり土地探しに出かけたり
展示場や見学会に行きます。

あなたは、心当たりありませんか。


『家を建てる目的』を間違える。

建てる家は、背伸びして建てる。

要望もまとめず営業マンと話す。

業界の問題点や現状を知らない。


ほとんどの人は綿密な計画を立てていません。
一生に一度か二度の重要なことなのに。

あなたは、この流れを一つ一つ
踏み外すことなくしっかりと進んでください。


追伸:
もしあなたが、後悔しないために
家造りの知識を本気で学びたいのであれば
いくらでもお付き合いいたします。
    ↓
k-sasaki@wk-s.co.jp



スポンサーサイト
契約は軽いものではない!!
こんにちは

昨晩は、ビールを飲まなかったせいか目が冴えてしまい
なんと4時寝の佐々木です。

(-.-)Z~Z~Z・・・。

今回は、お伝えしなくてはいけないことを思い出したのでそのお話。


あなたはもう忘れてしまったでしょうか?

最近、有名な住宅会社が何社か倒産し
その度に増える被害者の方々がいたということを。


多くの方は

「宣伝をたくさんしてたから信用していた」

「有名だから倒産するとは思ってもいなかった」


こう思っていたはずです。


しかし、契約するときにはその兆候が・・・。

「先に資金を払ってくれれば今なら安くなります」

などどいわれ、大金を先払いした方も多くいました。

なんとか早く前倒ししてでも資金を集めたかったのでしょう。


そこで覚えておいて欲しいことがあります。


契約を急ぐ業者に気をつけること

資金の多くを先に払わせようとする業者に気をつけること

有名だからといってけっして大丈夫ということではないこと



そして、一番伝えたいこと

『 契約は軽いものではない! 』 ということ

甘い言葉や、誘惑に流され
契約してしまうことのないように気をつけてください。



契約は、゛あなたの責任で判子を押す゛のです。

そのことをよく理解したうえで一歩を踏み出してください。

追伸:
近く契約を考えている方へ
何か疑問や違和感がすこしでもあれば
それを解決してから契約してください。

もし相談相手がいなければこちらまで
     ↓
k-sasaki@wk-s.co.jp



家造りでの疑問その3
こんにちは

倒産した住宅会社で被害にあわれた方のその後
がニュースで流れていたのを見て
やりきれない気持ちになった佐々木です。


今回は、『家造りでの疑問その3』をご紹介します。

多くの方に共通の疑問点
なぜ住宅業界はこんなにも不透明なのか。

三つ目の疑問・・・


■家造りの進め方が分からない

とりあえずどうしていいか分からないから

いきなり展示場へ行く
いきなり見学会へ行く
いきなりインターネットで調べ始める

そして、商品の情報ばかり集まり
最終的に何がなんだか分からなくなる

家造りで大変な思いをしてしまう人には
このような共通点があります。

物事にはなにをやるにしても
手順というものがありますよね。

もちろん最初にしなくてはいけないことは
展示場にいったり、見学会に行くことではありません。

あなたはまず、

゛家造りをする正しい進め方゛

を知りましょう。

また、そういったことを
教えてくれる住宅会社を探しましょう。


追伸:
正しい家造りの進め方を知りたい方はこちらまで
    ↓
k-sasaki@wk-s.co.jp


家造りでの疑問その2
こんにちは

子供の乗り物が三輪車から自転車に変わり
必死になって追いかけるのがとてもつらい佐々木です。


今回は、『家造りでの疑問その2』をご紹介します。

多くの方に共通の疑問点
なぜ住宅業界はこんなにも不透明なのか。

二つ目の疑問・・・

■どこの業者がいいのかわからない

住宅展示場へ行くと、客と認められた場合のみ
営業マンが次から次へと自宅へやってきます。

実際、誰がどこの会社の営業マンか
あなたは解らなくなることでしょう。

そして、多くの方はその会社の
良いことはわかっても悪いことがわからない。

どこの営業マンも

「ウチで建てるのが一番です」

としか言いません。

だから、比べようがない。

あなたが本当に知りたいのは、

゛どの会社がしっかりとした家を建ててくれるのか゛

ということではありませんか。



次回は、家造りでの疑問その3をご紹介します。

追伸1:
あなたは家造りの検討をしていて
疑問に思っていることなどありませんか。

紹介したいのでこちらまでお寄せください
    ↓
k-sasaki@wk-s.co.jp


家造りでの疑問その1
あけましておめでとうございます。

おおいに正月休みを満喫し
休みボケをしている佐々木です。

今年もできる限りあなたの役に立つ情報を
お伝えしていきます。


さて今回は、『家造りでの疑問その1』をご紹介します。

多くの方に共通の疑問点
なぜ住宅業界はこんなにも不透明なのか。

まず一つ目の疑問・・・


■値段の根拠が不透明

間取りも仕様も似ているのに
なぜか見積金額が大きく違う。

簡単に値引きもしてくれる。

ある会社へ見積もり依頼したら

「○○○○万」

予算オーバーを伝えたら

「任せてください。その予算内でやりますよ!」

じゃあ原価は結局いくらなのか?


゛値段の根拠゛をはっきりして欲しい。

あなたもそう思いませんか。

いったい何をどう判断すれば良いのか?
適正価格はいったいいくらなのか?

家造りを始めると必ずこの壁に当たります。


次回は、家造りの疑問その2をご紹介します。

追伸:
その原因と解決方法を知りたい方はこちらまで
        ↓
    k-sasaki@wk-s.co.jp




見学人数



ユニクロック



プロフィール

kojirou

Author:kojirou
☆佐々木一樹
☆1979年3月27日生まれ
☆埼玉県幸手市出身・幸手市在住
☆家族:奥さん/11歳の姫/8歳の王子
☆H17年2級建築士を独学で取得
☆H21年度奇跡の1級建築士合格
★コメント:
大学、建築専門学校をへて住宅業界に飛び込み、現在までに100棟以上の住宅設計を専門に行ってきました。その経験と実践を生かし、住環境に関する提案、良質な住宅建築に関するアドバイス、欠陥住宅に対する助言等を行っています。もし、お困りのことなどございましたら遠慮なくご連絡下さい。質問には喜んでお答えいたします。



最新ニュース



過去ニュース

全ての記事を表示する



◆ささきの関連ページ◆

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



ぷよ



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。